広告物の展示方法はカタログスタンドなど有効的に使用する

紙媒体の強み

郵便

商品広告や宣伝ツールとして、インターネットでの広告が主流になり、広告利用としての紙媒体の使用率は減少傾向にあります。しかし、減少傾向にある広告ツールを利用することにより、ダイレクトメールなどの紙媒体を利用した広告方法は、ターゲットに大きな印象を与えることができる可能性を秘めています。ダイレクトメールのメリットとしては、インターネット環境をお持ちでない層にも、写真などを利用して視覚など情報を使用することで、正確に情報を伝えることができることや、直接郵便受けにポスティングすることで、高い確率で広告を見ていただくことが可能になります。現在、インターネット上の広告では、その情報量の多さから、目標としているターゲット層に広告が行き渡るには、競争性が高く、中小企業の記事は大手企業の広告に埋もれてしまいがちになってしまいます。ダイレクトメールは制作する費用や、郵便で送付する手間こそはありますが、ターゲット層に広告が行き届く可能性が高いことや、クーポンやサービス件などの特典を付けることにより、お客様の動員誘導率の効果が期待されます。またダイレクトメールには、郵送の他にもFAXやEメールなど、広い範囲で発信することができる広告ツールです。それぞれの利点を活かして、ターゲット層に狙いを定めることで、広告効果が期待されることでしょう。郵送でのダイレクトメールは専門の制作会社に作成依頼を出すことにより、業者のノウハウを利用した広告作成が行なえることでしょう。